健康

ヒートショックとは
急激な温度身体変化により体が受ける影響のこと。浴室と脱衣所・トイレなど。
温度変化の激しいところを移動すると血圧が急変し、脳卒中や心筋梗塞など直接死に至ることもある。体温調節がうまくできない高齢者に多い。日本の入浴中の急死者数は諸外国に比べて高いとされ、その理由は「お風呂と脱衣所の温度差」であるといわれている。
郷の家なら・・・
郷の家では、断熱材・遮熱材・乾燥無垢材で隙間無く空間を包み込み、少ないエネルギーで効率良く暖めます。トイレも脱衣所も全部含めて「全館暖房」だから家中快適温度でヒートショック知らず。
ホルムアルデヒドの影響で、目がチカチカしたり少し喉が痛くなるといった症状が出ます。さらに高濃度になれば呼吸困難等の状態があらわれます。
慢性的になれば、さらに深刻なアレルギーの症状に発展すると報告されています。
ある調査で、木造校舎と鉄筋コンクリート造の校舎における児童のインフルエンザによる学級閉鎖数を比較したところ、木造校舎はコンクリート造の1/2以下という結果が出ました。木造の利点としては、素材自体の遮熱性能によって冷幅射を防ぐことと、調湿作用があることです。
Copyright(C) KOIZUMI All Rights Resereved.